ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)


海外主要国の動向

ISO50001各国取得件数 | 米国 | 中国 | 英国 | フランス | ドイツ

(1)米国

エネルギーマネジメント基準化の状況

米国はエネルギー管理基準としては、ISO50001 の素案となったエネルギーマネジメントのための米国工業規格 (ANSI/MSE2000:2008)で運用していましたが、2011年6月 ISO50001 の発行に伴い、同規格へ移行しました。米国エネルギー省(DOE)は同規格の実施を前提条件としたSEP(Superior Energy Performance )プログラム※ を活用して、2008年~2011年にフィールドテストを実施し、参加企業はエネルギーパフォーマンスを2~3 年間で 6.5~17%向上しました。

認定・認証機関の状況

米国認定委員会(ANAB)によって ISO50001 認定を受けた認証機関にはBSI、SGS、DNV、BVQI、DEKRA、NQA などの機関があります。

認証取得企業の状況

36 社が参画しているSEP を通してISO50001 の認証を取得した企業は以下の26 社となっています。3M、Alcoa、Allsteel、Amcor PET、Bentley Prince、Street、Bridgestone Tire、Cook Composites & Polymers、Cooper Tire、Didion、Milling Inc、Dow Chemical、Eaton、Freescale Semiconductor、General、Dynamics、 Haynes International、 Holcim、 JR Simplot、Lockheed Martin、Kenworth Trucks、Owens Corning、Neenah Foundry Company、Nissan、Schneider Electric、Spirax Sarco、Traco、Volvo、World Kitchen

 

ISO50001 の認証を取得しそうな企業の総数はISO14001 の企業数(約4900)と同規模と想定されています。
ISO50001に関連する2つの環境・エネルギーに関する大統領令があります。EO13514(2009.10.5)、EO13423(2007.1.24) 特にEO13423は2003年をベースに2015年迄の間、連邦機関のエネルギー指標を毎年3%削減し、2015年迄に30%削減するとしており、ISO50001は法的強制ではありませんがこの要求を達成するための政府の有力な武器になると考えられています。

 

※SEP のISO50001 に対する付加項目

ISO50001 では目標レベルの数値的な要求はありませんが、組織は目的に整合 した目標の設定を行う必要があります。一方、SEP ではエネルギーパフォーマンス(原単位など)低減目標という数値目標が設定されています。達成レベルによって5%以上なら Silver 賞、10%以上ならGold 賞、15%以上なら Platinum 賞というふうにグレードが与えられます。また、ISO50001 では適用対象は「組織」となっていますが、SEP では「ファシリティ(産業施設・業務建物)」を対象にしています。

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る