省エネって何? 省エネって何?

省エネとは、「省エネルギー」の略です。石油や石炭、天然ガスなど、限りあるエネルギー資源がなくなってしまうことを防ぐため、エネルギーを効率よく使うことをいいます。

私たちの暮らしとエネルギー

現在の私たちの暮らしや社会は、エネルギーの消費によって成り立っています。日常生活に欠かすことのできない電気、ガス、水道はもちろん、現代社会の基礎になっている運輸、通信などもすべてエネルギーを利用しています。
さらに、食料品、衣料品など、あらゆる製品はその生産や流通の過程においてエネルギーを利用しています。
こうしてみると私たちの豊かな生活は、直接エネルギー(電気・ガス・ガソリンなど)を使用する場面だけではなく、様々な形でエネルギーを消費することによって支えられているのです。

なぜ省エネが必要なの?

省エネルギーは、エネルギー安定供給確保と地球温暖化防止の両面の意義をもっています。
エネルギー安定供給確保については、エネルギー資源のほとんどを輸入に頼っている日本にとって最重要課題のひとつです。
また、地球温暖化防止については、温室効果ガスの大部分を占めるエネルギー起源の二酸化炭素排出削減へ向けて、省エネルギーへの必要性が一層高まっています。
さらに、これらを十分考慮した上での市場機能を活用した経済効率性を目指すとされています。
相互に絡み合うこれら3つの課題を、「地球環境保全(Environmental Protection)」「エネルギー安定供給(Energy Security)」「経済効率性(Economic Efficiency)」のそれぞれの頭文字のEをとって、日本のエネルギー政策の“3E”といいます。

日本のエネルギー政策の“3E” 日本のエネルギー政策の“3E”

エネルギー安定供給確保

世界規模でのエネルギー需要が急増しています。これは、アジアを中心とした世界経済の発展が原因とされ、国際エネルギー機関(IEA)の予測では、今後の20年ほどで世界のエネルギー需要は1.3倍に増加すると見通されています。
一方、供給面については、世界のエネルギー供給可能量(可採年数)は現在の消費ペースを前提とすると石油は約50年、天然ガスは約60年で底をつくとされています。新たな油田や鉱山の発見により可採年数が延びる可能性もありますが、いずれにしても限りがあることには変わりありません。

世界の地域別エネルギー需要見通し 世界の地域別エネルギー需要見通し
世界のエネルギー資源可採年数 世界のエネルギー資源可採年数

地球温暖化を
すすめているのは主にCO2

エネルギーの大半は、石油や石炭などの化石燃料を燃焼することによって得られていますが、これに伴って、大気中にCO(二酸化炭素)が排出されます。エネルギーの大量消費でこのCO濃度が上昇し、地球が宇宙に放出するはずの熱が大気中に封じ込められる温室効果が進み、地球が温暖化しています。
地球温暖化が進むと、地球規模での気温上昇や海面上昇などにより、食料供給や居住環境などに重大な影響を及ぼす恐れがあると予測されています。

温室効果ガス量図解 温室効果ガス量図解

一人ひとりの省エネが支える、大きな効果

地球温暖化にストップをかけるためには、一人ひとりが問題意識を持ち、省エネを実行することが大切です。一人では効果が少ないように思えますが、全世帯で省エネすれば、大きな成果が得られます。

3つの省エネの効果図解例 3つの省エネの効果図解例

○ 総世帯数:5,558万世帯(出所:住民基本台帳に基づく人口・人口動態及び世帯数(平成25年3月31日現在)
○ エアコン普及率:264.3%(出所:消費動向調査(全国、平成25年3月実施調査結果)
○ 杉の木換算(年間吸収量):平均14kg/本(「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」環境省/林野庁)
○ CO2排出換算係数:電気0.487kg/kWh(出所:電気事業における環境行動計画2013 電気事業連合会)