家庭のエネルギー消費の見える化 家庭のエネルギー消費の見える化

検針票

電気やガスの検針票には、必ず、その期間の使用量が記載されています。それを記録し、分析することで、ご自分の家庭のエネルギー使用について、傾向を把握することができます。
前年同月の使用量が記載されている場合は、比較することで、増加しているのか減少しているのかわかります。

検針票 検針票

簡易型電力量計

機器のプラグとコンセントの間に接続し、その機器がどれだけの電気を消費しているのかを表示します。
消費電力量や消費電力だけでなく、電気料金やCO2排出量などを表示できるものもあります。

簡易型電力量計 簡易型電力量計

省エネナビ

  • 省エネナビの効果

    家庭の電力消費量を計測し、モニターに表示・記録するシステムです。“見えない電気”をわかりやすく可視化し、人の実感を高めて省エネルギーの実践行動を促すことが期待できます。

    省エネナビの効果図解 省エネナビの効果図解
  • 省エネナビのデータ分析

    省エネナビでは、測定データを1時間単位等でパソコンに記録することができますので、この機能を活用すれば、日常生活を振り返って再点検することや集計して分析することもでき、データをもとに焦点をしぼった対策を施すことが可能となります。

    省エネナビデータ分析の例 省エネナビデータ分析の例

HEMS

HEMS(Home Energy Management System、ホームエネルギーマネジメントシステム) とは、家電製品や給湯機器をネットワーク化し、表示機能と制御機能を持つシステムのことで、家庭の省エネルギーを促進するツールとして期待されています。
制御機能には、遠隔地からの機器のオンオフ制御や、温度や時間などによる自動制御があります。
表示機能は、機器ごとのエネルギー消費量などをパソコン、テレビ、携帯電話の画面などに表示するほか、使用状況に応じた省エネアドバイスを行うなどの機能を併せ持つものもあります。

HEMSの例 HEMSの例

スマートメーター

「スマートメーター」は、電気やガスなどの計量器に、遠隔検針(インターバル検針)、遠隔開閉、計測データの収集発信機能を有する計測器のことです。
スマートメーター導入によって、ウェブサイトなどを通じた電力等の使用状況や料金などの見える化や、第三者による省エネ診断サービスを受けることができ、これによる省エネルギー効果が期待できます。
電力会社等にとっては、遠隔検針や遠隔開閉による検針業務等の効率化や作業の安全性の向上が期待できます。

スマートハウス・
スマートコミュニティ

HEMS やスマートメーターを中核とし、IT 技術を駆使して分散型電源・蓄電システム、再生可能エネルギーを含めた地域のエネルギーシステムの最適化を図っていく家々がスマートハウスです。
スマートハウスが普及することで、従来は困難であった「需要のコントロール」が可能となり、蓄電やピークシフトなどにより電力需要構造を効率化することができるようになります。
さらに、電気の有効利用に加え、熱や未利用エネルギーを含めたエネルギーの「面的利用」や地域の交通システム、市民のライフスタイルの変革などを複合的に組み合わせたエリア単位での次世代のエネルギー・社会システムである「スマートコミュニティ」の形成が期待されています。