照明の活用ヒント集 照明の活用ヒント集

照明の省エネ化で、どんな効果があるか数値とともにご紹介します

インタビュー記事はこちら

vol.1

株式会社
信濃精機製作所

「会社を元気にする、省エネと
光の工夫」

株式会社信濃精機製作所
自動車関連部品の製造業を営む社員20名のこの会社では、3年前からISOを取得。職場環境の改善に意識が高まったところで震災後の節電を経験し、社内全体が照明をムダなく上手に使うようになった。LED照明導入のきっかけは、蛍光灯の安定器の劣化と電気代の値上げ。部品の品質 チェックをする大切な作業所にLEDランプが設置されたのが、2012年8月末のことだ。果たして、省エネ性と快適性はどれくらい上がったのか!?

vol.2

まんぷくログ勇

「店はまるごとLED照明。
成功のポイントは、光の色」

まんぷくログ勇
丸太を重ねて作るログハウス風の建物が象徴的な、家族経営のレストラン。LED照明とは無縁に思われていたこの店が、照明を変えるきっかけとなったのは、“球切れ”だった。忙しい飲食店での頻繁な球切れは、ともすれば店の営業に大きな支障をきたす。そこで、平成24年10月、“店まるごとLED照明化”へ。光は、料理の見え方や快適性にも大きく関わる。果たして、客の反応や満足度は、いかがなものだったのだろうか?

vol.3

ABC‐MART・
ららぽーと豊洲店

「商品に照明が
当たっているか
どうかが、
売り上げを左右するんです」

ABC‐MART・ららぽーと豊洲店
商売には、その土地の買い物客の特性を見極めたやり方が必要だ。豊洲は、現在発展中の再開発エリア。銀座エリアに近く、人やコミュニティが増加中の、注目の場所ともいえる。所得水準は高く、新しいもの、より良いものを求める客層が多い。そんな立地の商業施設の中にあったABC-MARTが、リニューアル。秘密兵器となったのが、「LED照明」だ。果たして、LED照明はこの小売店で、どのような魅力を発揮しているのだろうか?

vol.4

大東梱包

「照明を見直すことが、
社員の意識向上スイッチも灯す」

大東梱包
さまざまな得意先から預かった品物を梱包し、商品センターやお店などに送る作業をしているこの会社で、照明は大切な役割を果たす。品物や作業工程によって、必要な明るさや見え方が変わってくるからだ。経費を減らすために、第1弾は水銀灯を水銀灯代替LED照明へ、第2弾は蛍光灯をLED照明へ。慎重にLED照明化を進めていくなかで、作業性の向上と共に、社員の意識改革も推し進める。果たして、省エネと社員教育の両立は、できるものなのだろうか?

vol.5

しんどう小児科

「患者さんを”よく診られる光”が
一番大切なんです」

しんどう小児科
「アンパンマン先生」として、町の人々に慕われてきた小児科医の診療所。「子どもたちを怖がらせないように、安心して来てもらうために」配慮された、病院らしくない建物になっている。「温もりのある診療所」と「LED照明」は、一見、正反対の存在のようにも思える。果たして、LED照明は「アンパンマン先生」の温もりを生かせる光になっているのか!?

vol.6

スーパーしまむら

「意識しなくても、
いつのまにか
省エネに
なっているのが、目標です」

スーパーしまむら
いつも、にぎやかなイメージのスーパー。店内で働く人間は、接客はもちろん、会計や商品の陳列などで、常に動き回っている。そんなスーパーにとって、大きな負担のひとつが、「電球の交換」だ。業務の合間に頻繁に切れる電球は、交換費用に加えて、作業の中断や、商品の見え方の劣化など、ダメージが大きい。そこで、一度は救世主としてLED照明を導入したが、失敗。続いて、レンタルシステムを利用して、LED照明を採用した。

vol.7

川端中央商店街

「”祭り”の結ぶつながりが、
商店街に元気な
光(アカリ)を灯す」

川端中央商店街
全国的にシャッター商店街が増え、深刻な問題になってきているが、九州・福岡には、とても元気な商店街があるという。シャッターを下ろす店はなく、どの店も助け合い、活気がある。そのエネルギーの源は、「祭り」でつながった6人のプロジェクト・メンバーだ。LED照明導入をきっかけに、商店街の在りようまで、大きく変えようとしている。商店街の「元気」の秘密を、“6人衆”に聞いた。

vol.8

JR四ツ谷駅

「安全と省エネの両立を目指す
光の駅」

JR四ツ谷駅
「駅は、常に明るい。人のいなくなった夜中でさえも、防犯のために、完全に消灯することはない。眠らない駅に、照明は必須アイテムだ。それだけに、安全と節電&省エネの両立に頭を痛めている面もある。東日本大震災から1年たった2012年3月14日、「エコステ」モデル駅としてリニューアルした、JR四ツ谷駅の秘策を聞いた。」

※記事内容については、インタビューに対応していただいた方々等の声をそのまま掲載しています。

結城未来 結城未来

ナビゲーター 結城未来

プロフィール

フリーアナウンサーとして、NHK「生活ほっとモーニング」TBS「ジャスト」「ニュースの森」など多数の番組の司会やレポーターとして活躍。その一方で、インテリアコーディネーター・色彩コーディネーター・照明コンサルタントなどの資格を生かして、照明を上手に使うことでの 快適生活を提唱中。新聞や雑誌などの連載も多い。

  • 著書

    「頭がよくなる照明術」(PHP新書)、

  • 「人を動かす照明術」(ソフトバンク新書)、

  • 「照明リフォームでお部屋の模様替え」(小学館)