各種支援制度

各種支援制度 個人の方

個人の方

  • 補助金
  • 税制
  • 融資

既存住宅に係る特定の改修工事をした場合の所得税額の特別控除
(省エネリフォームの投資型減税)

概要: 一定の省エネ改修工事(太陽光発電設備の設置を含む)を行った場合に、工事費の10%をその年分の所得税額から控除。
→ http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/272.htm
対象者: 以下に該当する省エネ改修工事を行う者。
  • 1.次に該当する省エネ改修工事であること
    (1)すべての居室の窓全部の改修工事又は(1)と併せて行う(2)~(4)のいずれかの工事
    (2)床、天井等、壁の断熱工事
    (3)太陽光発電設備設置工事
    (4)(2)の工事と併せて行う設備(高効率エアコン、高効率給湯器、太陽熱利用システム)の設置工事
  • 2.省エネ改修部位がいずれも現行省エネ基準以上の性能となるもの
  • 3.対象となる改修工事費用から補助金等を控除した額が50万円超であること
  • 4.居住部分の工事費が改修工事全体の費用の1/2以上であること
措置内容: 工事費の10%をその年分の所得税額から控除。但し、補助金等の交付がある場合は、工事費から補助金等の額を控除した後の金額の10%をその年分の所得税額から控除。
問い合わせ先: 所轄の税務署

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ