再生可能エネルギー取材レポート

再生可能エネルギー取材レポート

2014年度

20141211-1213

日本最大級の環境展示会|エコプロダクツ2014

今回で16年目となる日本最大級の環境展示会『エコプロダクツ』が開催されました。
テーマは「見つけよう!未来をかえるエコの知恵」。最先端の科学技術から、日常生活でできる工夫まで、さまざまなエコの知恵が集結。スマートコミュニティや新エネルギーについて、さらなる展開の拡がりの一端に触れることができました。

3日間で16万人を超える来場者を数えました。児童・生徒たちも数多く来場していました。

3日間で16万人を超える来場者を数えました。児童・生徒たちも数多く来場していました。

■資源エネルギー庁 出展

会場内の各所をまわってクイズに答える、グリーンパワー・クイズラリーが実施されました。

会場内の各所をまわってクイズに答える、グリーンパワー・クイズラリーが実施されました。

問題は5問。正解スタンプの数ごとにオリジナルグッズの景品と引き換えられます。

問題は5問。正解スタンプの数ごとにオリジナルグッズの景品と引き換えられます。

資源エネルギー庁の出展では、再生可能エネルギーの取り組み事例を紹介しました。

資源エネルギー庁の出展では、再生可能エネルギーの取り組み事例を紹介しました。

発電源ごとの実例写真やデータ、「どうして始めたの?」という代表者へのインタビュー記事にたくさんの方々が足をとめてくださいました。

発電源ごとの実例写真やデータ、「どうして始めたの?」という代表者へのインタビュー記事にたくさんの方々が足をとめてくださいました。

■会場内エコツアー

会場内エコツアー「スマートコミュニティとエネルギー」に参加しました。ナビゲーターはコンピューターサイエンスの専門家・石橋直樹さん。

会場内エコツアー「スマートコミュニティとエネルギー」に参加しました。
ナビゲーターはコンピューターサイエンスの専門家・石橋直樹さん。

会場内のエコツアーはテーマごとに6コース。1日3回実施され、専門のナビゲーターとともに会場内の見どころをまわります。参加費は無料。

会場内のエコツアーはテーマごとに6コース。1日3回実施され、専門のナビゲーターとともに会場内の見どころをまわります。参加費は無料。

大手電機メーカーのブースでは特に注目すべき最新の取り組みについてわかりやすい解説がありました。

大手電機メーカーのブースでは特に注目すべき最新の取り組みについてわかりやすい解説がありました。

商品の包装やラベルをなくすことができるという、商品を直接に画像認識するレジ。

商品の包装やラベルをなくすことができるという、商品を直接に画像認識するレジ。

農業とICTの合体によって、食と農業の世界にもすでに新しい世界が到来しているようです。

農業とICTの合体によって、食と農業の世界にもすでに新しい世界が到来しているようです。

独自のコードを設置しておくと、スマートデバイスをかざすだけで最新情報をチェックできるシステム。 独自のコードを設置しておくと、スマートデバイスをかざすだけで最新情報をチェックできるシステム。

独自のコードを設置しておくと、スマートデバイスをかざすだけで最新情報をチェックできるシステム。

タブレット上でも「ザラザラ」「ツルツル」「カチッカチッ」などリアルな触感を体験できるように。

タブレット上でも「ザラザラ」「ツルツル」「カチッカチッ」などリアルな触感を体験できるように。

自動車メーカーはそれぞれの方向性を明確した感が。排気を格段に減らしてクリーンに進化したディーゼルエンジン搭載車。

自動車メーカーはそれぞれの方向性を明確した感が。排気を格段に減らしてクリーンに進化したディーゼルエンジン搭載車。

水素と空気中の酸素の科学反応で発電して走る、新型燃料電池自動車。

水素と空気中の酸素の科学反応で発電して走る、新型燃料電池自動車。

世界初の市販の燃料電池車として多くの注目を集めていました。

世界初の市販の燃料電池車として多くの注目を集めていました。

外部給電用インバーターとセットになった、暮らしに融合する車。

外部給電用インバーターとセットになった、暮らしに融合する車。

車の新しい姿も現実感を持って受け止められているようでした。

車の新しい姿も現実感を持って受け止められているようでした。

浮体式洋上ウィンドファームのブースでは、建設の様子のドキュメンタリー映像に圧倒されました。

浮体式洋上ウィンドファームのブースでは、建設の様子のドキュメンタリー映像に圧倒されました。

そのほか、間伐材だけで家を作る実証実験、地中に二酸化炭素を送って埋めるシステムの研究、超伝導、カーシェア、などなど興味深いブースをめぐりました。混雑した会場内を駆け足でめぐる50分のツアーは、ナビゲーターの石橋さんの絶妙なトークと解説で充足感とともに終了。毎年楽しみに参加される常連さんもいるのだとか。

あらゆる業種のさまざまな団体が、持続可能な社会の実現に向けての研究、製品、サービス、情報などを提供する年に一度の環境展示会。児童・生徒たちも楽しみながら参加できることが、未来につなげる大事な一端でもあると感じました。

日本最大級の環境展示会|エコプロダクツ2014

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ

その他のコンテンツ
再エネレポート
グリーンパワークリスマス
動画でわかる!
  • Green Energy Partnership
  • Facebook
  • Twitter