再生可能エネルギー取材レポート

再生可能エネルギー取材レポート

2013年度

20131212-14

エコプロダクツ2013 会場内エコツアー

環境に関する製品や技術や情報が一堂に会する「エコプロダクツ2013」。15回目の開催となる今年のテーマは「『今』つくる地球の『未来』」。環境のことを考える今の行動の積み重ねが、これからの未来をつくるという考えのもと、持続可能な社会づくりをめざすさまざまな取り組みや提案の数々が集まりました。 期間中、会場内の各所では環境やエネルギーに関する体験型のワークショップやセミナーも開催されました。

■最新スマートエネルギーに触れる会場内エコツアー

日本最大級の環境展示会という広大な会場を、専門家がガイドになってテーマごとに会場内の見どころを解説してくるツアーが各種ありました。その中から、「Smart Japan ~スマートエネルギーの活用を探る~」に参加してみました。

会場内エコツアーは6種類。各日3回ずつ実施。約50分のツアーです。

会場内エコツアーは6種類。各日3回ずつ実施。約50分のツアーです。

ナビゲーターは石橋直樹さん。難しそうなIT系のシステムもかみくだいてわかりやすく解説してくれました。

ナビゲーターは石橋直樹さん。
難しそうなIT系のシステムもかみくだいてわかりやすく解説してくれました。

Fujitsuでは、海底ケーブルに取り付けることで地震と津波をリアルタイムで観測できる装置に注目。

Fujitsuでは、海底ケーブルに取り付けることで地震と津波をリアルタイムで観測できる装置に注目。

会津若松の休眠中の半導体工場を最先端野菜工場に転用したFujitsu。

会津若松の休眠中の半導体工場を最先端野菜工場に転用したFujitsu。
低カリウムレタスの量産出荷も間近だそうです。

エコラボレーションプラザではスマートライフと省エネを特集。

エコラボレーションプラザではスマートライフと省エネを特集。
スマートライフはいま「見える化」から「制御」へと進化。

Panasonicには太陽光パネルそのものが屋根になっている発電システムが。

Panasonicには太陽光パネルそのものが屋根になっている発電システムが。
一般家庭で買取対象になる高い発電量を実現できるとか。

NECで気になったのは家庭用の蓄電システムのレンタルサービス。

NECで気になったのは家庭用の蓄電システムのレンタルサービス。
月々4500円。ただしその重量の問題で設置場所に難点が。

資源エネルギー庁の熱供給産業室では、六本木ヒルズや東京スカイツリーの地域冷暖房最先端シムテムを紹介。

資源エネルギー庁の熱供給産業室では、六本木ヒルズや東京スカイツリーの地域冷暖房最先端シムテムを紹介。

日本熱供給事業協会では地域熱供給事業が日本各地で行われていることに関心が集まりました。

日本熱供給事業協会では地域熱供給事業が日本各地で行われていることに関心が集まりました。

東京ガスではもっとも身近なガスコージェネレーション、家庭用エネファームについてわかりやすい解説が。

東京ガスではもっとも身近なガスコージェネレーション、家庭用エネファームについてわかりやすい解説が。

エネオスでは2015年の水素自動車の登場を見据えた、多様なエネルギーステーションの実現について。

エネオスでは2015年の水素自動車の登場を見据えた、多様なエネルギーステーションの実現について。

みんなでかわるがわる踏んでみました、踏んで発電するシステム。

みんなでかわるがわる踏んでみました、踏んで発電するシステム。

チョイモビヨコハマは、スマホで貸し借りできるカーシェアリング。1分20円。

チョイモビヨコハマは、スマホで貸し借りできるカーシェアリング。1分20円。
ナビゲーターの石橋さんはこのツアーのため、事前に利用してみたそうです。

大手電機メーカーを中心に、いま着目しておきたいスマートエネルギーの技術や製品、取り組みなどを解説してもらいながら、やや早足でぐるりと一周しました。
聞き慣れないシステムもかみくだいて教えてもらうことで、専門家以外には無縁と思えた最新テクノロジーが実は私たちの未来の日常に身近になる技術だと気づかされたりしました。
専門家に解説してもらいながらの会場見学は、展示会の歩き方のヒントをたくさん教えてもらえる好機となりました。

日本最大級の環境展示会|エコプロダクツ2013

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ

その他のコンテンツ
再エネレポート
グリーンパワークリスマス
動画でわかる!
  • Green Energy Partnership
  • Facebook
  • Twitter