再生可能エネルギー取材レポート

再生可能エネルギー取材レポート

2013年度

201301018

北九州エコタウン視察ツアー
エコテクノ2013 環境ビジネス視察ツアー

北九州市小倉の西日本総合展示場で開催された『エコテクノ2013』では、開催期間[10月16(水)~18(金)]中に各種の「環境ビジネス視察ツアー」が実施されました。この中から、再生可能エネルギーに関連する2つのツアーに参加してきました。

そのひとつは「北九州エコタウン視察ツアー」。
あらゆる廃棄物を原料として活用し、最終的に廃棄物をゼロにする資源循環を目指す北九州市。その取り組みの説明をうかがったあと、2つのリサイクル工場を見学します。

■北九州エコタウンセンター

「環境未来都市」のマスコット「ていたん」

まずは「北九州エコタウンセンター」へ。
お出迎えしてくれたのは「環境未来都市」のマスコット「ていたん」です

本館では北九州市のエコタウン事業の取り組みをわかりやすく紹介

本館では北九州市のエコタウン事業の取り組みをわかりやすく紹介しています。

身近な家電がどんな風にリサイクルされているかわかります

身近な家電がどんな風にリサイクルされているかわかります。

床には北九州の俯瞰写真

床には北九州の俯瞰写真が。次世代エネルギーパークを一望できます。

風力発電のハネの長さを距離で実感できました。

風力発電のハネの長さを距離で実感できました。

別館では次世代エネルギーパークに関する展示

別館では次世代エネルギーパークに関する展示。
子どもにわかりやすい説明は大人にもわかりやすい。

エネルギーについて勉強できる展示が充実

そもそもエネルギーって?
エネルギーについて勉強できる展示が充実。

こどもたちも、さわってためして体験できます

こどもたちも、さわってためして体験できます。

集光型の太陽光発電機の中身

集光型の太陽光発電機の中身を見ることができました。

次世代エネルギーパークの全体像がくわしく見られる

次世代エネルギーパークの全体像がくわしく見られるので、見学の前にここで予習しておくとよさそうです。

■株式会社エコウッド

次は「(株)エコウッド」の工場の見学。残念ながら写真撮影NG。廃材を原料に活用して、公園のベンチやデッキに使用される、強度があり雨にも腐食しにくい木材風の新素材を製造しています。

(株)エコウッド」の工場

(株)エコウッド」の工場

■北九州さわやかリサイクルセンター

つづいては「北九州さわやかリサイクルセンター」へ。廃棄処分された飲料水の自動販売機が大集合。自動販売機は10年で老朽化として廃棄されるのだそうです。

北九州さわやかリサイクルセンター 北九州さわやかリサイクルセンター

北九州さわやかリサイクルセンター

分解作業

まずフロンを取り除き、それから分解作業が行われます。かなりこまかく分解していきます。

基盤、コード、ボタンなど部品ごとに分類

分解したものは、基盤、コード、ボタンなど部品ごとに分類されて置かれていました。

大型プレス機

リサイクルできる部品を取り除いた本体の行く末は、大型プレス機。

大型プレス機

自販機1台分があっという間にギュッ。
これがさらに細かくされ、リサイクルされるのだそうです。

さまざまなリサイクル工場が集まる響灘地区。バスの移動中には「ここはゲーム機のリサイクル専門です」などの案内があり、リサイクルがかなり細分化されて行われていることを知ることができました。
日本の高度成長を支えてきた北九州ですが、その一方で1960年代には深刻な産業公害問題をもたらせました。その歴史が現在の「北九州エコタウン事業」という、エネルギーと環境問題への先進的な取り組みにつながっています。
次世代エネルギーパークの「低炭素」。エコタウンの「資源循環」。そしてビオトープ「自然共生」。トータルな取り組みが行われいるのを実感できたツアーでした。

エコテクノ2013
北九州次世代エネルギーパーク視察ツアー[20131017]

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ

その他のコンテンツ
再エネレポート
グリーンパワークリスマス
動画でわかる!
  • Green Energy Partnership
  • Facebook
  • Twitter