再生可能エネルギー取材レポート

再生可能エネルギー取材レポート

2012年度

20130227-0301

スマートエネルギーWeek 2013

2013年2月27日(水)~3月1日(金)の3日間、東京ビックサイトで「スマートエネルギーWeek 2013」が開催されました。<創エネルギー><蓄エネルギー><スマートグリッドシステム><加工技術>と、スマートエネルギーに関連する各分野8つの商談会を同時開催する展示会で、スマートエネルギーに関するさまざまな最新製品と技術が集結しました。

スマートエネルギーWeek 2013

世界30カ国、1,890社が参加。世界最大級の展示会です。

■WIND EXPO ~第一回 国際 風力発電展~

大型・小型風車から、風力発電システムに関する装置や部品、関連サービスまで一堂に会する国際商談展が初めて開催されました。洋上風力発電などの大規模風力から、一般家庭への設置も視野に入れた小型風力発電など、多岐に渡る製品や技術を見ることができました。

WIND EXPO ~第一回 国際 風力発電展~

福島復興・浮体式洋上ウィンドファームが今年度から実証研究が始まるなか、世界初の「浮体式潮流・風力ハイブリッド発電」も登場。海の潮の流れをとらえるサボニウス風車と海風を電気に変えるダリウス風車のふたつの風車で、海に囲まれた島国ならではの恩恵をもれなく活用できそうな洋上発電システムです。

浮体式潮流・風力ハイブリッド発電

浮体式潮流・風力ハイブリッド発電

小型風力発電機もこれまでの弱点を改善する新設計によって進化。
風速1.5mのそよ風レベルから20mの強風まで、まんべんなく高出力の安定供給を可能になっています。大(9000whクラス)・中(5000khクラス)・小(300whクラス)とサイズや規模も多彩に。一般家庭に設置する現実性への期待がますます高まります。

小型風力発電機

小型風力発電機

野鳥に危害を加えない、風切り音がないため騒音被害がない、簡単に設置と移動ができるため被災地対応もでき、景観にも配慮できる、など数々の利点を生むユニークな形の風車がありました。なんと、水力発電への転用も可能なのだとか。

利点を生むユニークな形の風車

利点を生むユニークな形の風車

風力発電大国であるデンマークからの出展を集めた「デンマークパビリオン」が特設されていました。

デンマークパビリオン

デンマークパビリオン

■第5回 太陽光発電システム施工展

太陽光発電システムの施工にかかわるあらゆる製品と技術が集まる商談展。その出展企業の多彩さと来場者の熱心さに、太陽光発電のニーズの拡大を感じました。

太陽光発電の施工業者向け専門セミナーが開催されていました。すぐに人だかりができ、みなさん熱心に聞かれているのが印象的でした。

太陽光発電 施工業者向け専門セミナー

太陽光発電 施工業者向け専門セミナー

繊維強化プラスチックという素材を使用した架台。軽さと強さを両立し、錆びない・劣化しない、施工も簡単で、さらには「形状自在で着色自由」。ついに太陽光発電パネルの架台も色やデザインで選べる時代が来ました!

太陽光発電パネル架台

太陽光発電パネル架台

■第3回 国際 スマートグリッド EXPO

スマートグリッドやスマートコミュニティに必要なさまざまな最新製品や技術が集まる国際展。大手電機メーカーや建設会社の出展を中心に、年々その規模を拡大しています。

HONDAでは「HSHS(Hondaスマートホームシステム)」で、モビリティを活用しながら家で使うエネルギーを家で創る ”家産・家消”を提案。どんなモビリティででも、1軒からでも、新築でなくても、都心でなくても始められるシステムだそうです。

HONDA 「HSHS(Hondaスマートホームシステム)」

HONDA 「HSHS(Hondaスマートホームシステム)」

■第4回 エコハウス&エコビルディングEXPO

エコ建築や省エネ機器、新エネルギーシステムやスマートハウスなどに関係する機材などが集まる商談展でも、再生可能エネルギーのが広がり感じさせてくれる製品がありました。

太陽光発電パネルの設置は、企業のビルや一般家屋の屋上設置などによる電力活用から、遊休地を活用してのメガソーラーへ。ビジネスとしての広がりとともに、新発想の機器やサービスが充実してきているようです。

遊休地を活用してのメガソーラー

遊休地を活用してのメガソーラー

遊休地の太陽光発電をより手軽にしてくれる単管パイプ架台は、地面に直接打ち込むタイプ。この架台もセットされた、すべて国内仕様でそろえる遊休地太陽光発電システムパックが紹介されていました。

単管パイプ架台

単管パイプ架台

スマートエネルギーWeek 2013

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ

その他のコンテンツ
再エネレポート
グリーンパワークリスマス
動画でわかる!
  • Green Energy Partnership
  • Facebook
  • Twitter