再生可能エネルギー取材レポート

再生可能エネルギー取材レポート

2012年度

20121122

スペシャルイベント
  創エネ・あかりパーク ー明日の夢、花開くー 点灯式

11月22日(木)~25日(日)の4日間、東京都港区芝公園・プリンス芝公園において「創エネ・あかりパークー明日の夢、花開くー」が開催されました。EV(電気自動車)から供給される電力で、LEDによるライトアップによって公園一面がさまざまなあかりに彩られました。

会場は芝公園。東京タワーにほど近い、都心のまん中に位置します。

会場は芝公園。東京タワーにほど近い、都心のまん中に位置します。

各所に停まったEV(電気自動車)が、あかりパーク内のライトアップ電源です。

各所に停まったEV(電気自動車)が、あかりパーク内のライトアップ電源です。

公園内には、各社の最新太陽光発電パネルやミニ風力発電機が設置されました。

公園内には、各社の最新太陽光発電パネルやミニ風力発電機が設置されました。

芝生の広場。ここに光の地上絵が浮かびあがります。

芝生の広場。ここに光の地上絵が浮かびあがります。

日中の太陽光で発電するソーラーLEDも設置。

日中の太陽光で発電するソーラーLEDも設置。

総合プロデュースした照明デザイナーの石井幹子さん。「光を、その場で作った電気でデザインしたいという夢が叶いました」

総合プロデュースした照明デザイナーの石井幹子さん。「光を、その場で作った電気でデザインしたいという夢が叶いました」

港区の子どもと親たちによる合唱。日没の時間が迫ってきました。

港区の子どもと親たちによる合唱。日没の時間が迫ってきました。

カウントダウンがはじまって、いよいよ点灯。

カウントダウンがはじまって、いよいよ点灯。

公園内がさまざまな色のあかりで彩られました。最新機器による樹木のライトアップは、「虹の切りが漂うような」やわらかなあかり。

公園内がさまざまな色のあかりで彩られました。
最新機器による樹木のライトアップは、「虹の霧が漂うような」やわらかなあかり。

創エネ体験テントでは、さまざまな人力発電に挑戦。

創エネ体験テントでは、さまざまな人力発電に挑戦。

隣接する増上寺の惣門もライトアップ。

隣接する増上寺の惣門もライトアップ。

カラフルな道が浮かび上がった、虹のプロムナード。

カラフルな道が浮かび上がった、虹のプロムナード。

地上から見た、光の地上絵「レインボー・フラワー」。

地上から見た、光の地上絵「レインボー・フラワー」。

東京タワーの展望台からの「レインボー・フラワー」。

東京タワーの展望台からの「レインボー・フラワー」。
その大きさは長さ60m、幅50m。花びらはハート型。

省エネを考える上でも大きな部分を担う照明の省エネルギー化。創エネ・あかりパークは、地産地消の電気による照明という記念すべき夢の第一歩のようでした。EVからの電力によるLEDによるライトアップは、独特のやさしいあたたなか光で新たな可能性を見せてくれていました。

石井幹子デザイン事務所

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ

その他のコンテンツ
再エネレポート
グリーンパワークリスマス
動画でわかる!
  • Green Energy Partnership
  • Facebook
  • Twitter