再生可能エネルギーを知る、学ぶ

再生可能エネルギーの種類と特徴

本文です。

地中熱利用

日本中いたる所で利用可能

地中熱とは、浅い地盤中に存在する低温の熱エネルギーです。
大気の温度に対して、地中の温度は地下10~15mの深さになると、年間を通して温度の変化が見られなくなります。そのため、夏場は外気温度よりも地中温度が低く、冬場は外気温度よりも地中温度が高いことから、この温度差を利用して効率的な冷暖房等を行います。

特長

1.最終熱量は使用した電力の3.5 倍以上 → 省エネとCO2排出量抑制可能
 
2.空気熱源ヒートポンプ(エアコン)が利用できない外気温-15℃以下の環境でも利用可能
 
3.放熱用室外機がなく,稼働時騒音が非常に小さい
 
4.地中熱交換器は密閉式なので,環境汚染の心配がない
 
5.冷暖房に熱を屋外に放出しないため、ヒートアイランド現象の元になりにくい
 

課題

地中熱に対する認知度がまだ低いことに加え、設備導入に係る初期コストが高く設備費用の回収期間が長いこと。また、設備の低コスト化と高性能化が十分に進んでいないという技術的課題もあります。

地中熱利用冷暖房・給湯システム

地中熱利用冷暖房・給湯システム

出典:地中熱利用促進協会HP

 

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ