再生可能エネルギーを知る、学ぶ

再生可能エネルギーの種類と特徴

本文です。

太陽光発電

日本を代表する再生可能エネルギー

太陽光発電は、シリコン半導体などに光が当たると電気が発生する現象を利用し、太陽の光エネルギーを太陽電池(半導体素子)により直接電気に変換する発電方法です。日本における導入量は、近年着実に伸びており、2016年度末累積で3,910万kWに達しました。太陽光発電導入の実績では、中国、ドイツとともに世界をリードしています。

特徴

1.エネルギー源は太陽光
エネルギー源が太陽光であるため、基本的には設置する地域に制限がなく、導入しやすいシステムといえます。
2.用地を占有しない
屋根、壁などの未利用スペースに設置できるため、新たに用地を用意する必要がありません。
3.遠隔地の電源
送電設備のない遠隔地(山岳部、農地など)の電源として活用することができます。
4.非常用電源として
災害時などには、貴重な非常用電源として使うことができます。

課題

気候条件により発電出力が左右されること。また、導入コストも次第に下がってはいるものの、今後の更なる導入拡大のため、低コストに向けた技術開発が重要です。

太陽光発電の国内導入量とシステム価格の推移

太陽光発電の国内導入量とシステム価格の推移

出典:エネルギー白書2018

事例紹介

ケーススタディ1
Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)(神奈川県藤沢市)
Fujisawaサスティナブル・スマートタウン

神奈川県藤沢市において、パナソニックを中心に19社1協会により推進中の街づくりプロジェクト「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(FujisawaSST)」。広さ約19haのまちの中に、住宅地区(低層・中高層)、生活支援地区、福祉・健康・教育地区が配置され、約1,000世帯の入居を予定しており、各住戸には、太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電池に加え、エネファーム、HEMSなどが備えられており、道路沿いに設置したコミュニティソーラー出力100kWと、街区全体で再生可能エネルギー利用率30%以上、CO2排出量70%削減(1990年比)を目指している。

ケーススタディ2
「カネカ 未来創造館」(兵庫県芦屋市)
カネカ 未来創造館

NEDO太陽光発電多用途化実証プロジェクトの成果を活用した太陽光発電システムを搭載したカネカの研修施設「未来創造館」。建材一体型などの新技術を用いた多様なシステムを採用。屋根全面には防眩仕様の薄膜太陽電池モジュールが設置され、全量売電のほかに蓄電池接続による施設内利用が行われている。バルコニーにはシースルータイプ、壁面・階段と塀には低反射環境配慮型カラー太陽電池、庭には追尾型の高効率ヘテロ太陽電池を設置している。発電出力は81.7kW。

ケーススタディ3
セブン‐イレブン相模原橋本台1丁目
セブン‐イレブン相模原橋本台1丁目

セブン‐イレブン・ジャパンの、“ひとと環境にやさしい店舗”の取り組みにおける「環境負荷の低減」最先進店舗。駐車場に高透過性・高耐久性のあるコーティングを施した仏社製の路面型太陽光発電設備201.6m²敷設。また風力、太陽光発電一体型のサインポール、カーポート上にも太陽光発電システムを設置。蓄電池については、車のリユースバッテリーを活用したものと産業用の大容量蓄電池の2種類を設置するなど、多くの新技術を採用し使用電力の約46%※1を「CO²排出ゼロ」の再生可能エネルギーで賄っている。
※1:当該店舗の電力使用量全体(見込み)における比率の計算値。

 

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ

さまざまなエネルギーに関する話題を知る・学ぶ スペシャルコンテンツ