再生可能エネルギーを知る、学ぶ

再生可能エネルギーの種類と特徴

本文です。

太陽光発電

日本を代表する再生可能エネルギー

太陽光発電導入の実績では、ドイツとともに世界をリードする日本。
2011年末現在の導入実績は491.4万kWで、この10年間で約8倍にも増えています。また、近年は住宅用太陽光発電システム以外に、産業用や公共施設などで導入が進んでいます。

特徴

1.エネルギー源は太陽光
エネルギー源が太陽光であるため、基本的には設置する地域に制限がなく、導入しやすいシステムといえます。
2.メンテナンスフリー
システム的に可動部分が少なく、一度設置すると発電などは自動的に行われ、機器のメンテナンスはほとんど必要としません。
3.用地を占有しない
屋根、壁などの未利用スペースに設置できるため、新たに用地を用意する必要がありません。
4.遠隔地の電源
送電設備のない遠隔地(山岳部、農地など)の電源として活用することができます。
5.非常用電源として
災害時などには、貴重な非常用電源として使うことができます。

課題

気候条件により発電出力が左右されること。また、導入コストも次第に下がってはいるものの、更なる技術開発によるコスト低減が期待されています。

太陽光発電の国内導入量とシステム価格の推移

太陽光発電の国内導入量とシステム価格の推移

出所:資源エネルギー庁調べ
注)1kW当たりのシステム価格は年度ごとの数値
出典:エネルギー白書2013

事例紹介

ケーススタディ1
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター(出力200kW)
建物全景

人と防災未来センターでは、太陽光発電による電力を、館内の照明電力として使用。また、夜間は蓄電による電力で、ガラス張りの建物全体にイルミネーションを点灯している。年間発生電力は約19万kWh。

ケーススタディ2
太陽光発電システム付マンション「ニューガイア」(出力約66kW)
マンション全景

芝浦特機株式会社が企画・設計した全世帯太陽光発電付賃貸マンション「ニューガイア」シリーズでは、日本で初めてすべての入居者が電力会社と太陽光発電余剰電力需給契約を交わし、売電などの恩恵を受けられるシステムを導入している。
平成17年度新エネ大賞「経済産業大臣賞」

ケーススタディ3
PalTown城西の杜(出力合計2,129kW)
住宅の写真

太田市土地開発公社が分譲する住宅団地「PalTown城西の杜」では、住民の協力のもと集中連携型太陽光発電システム実証研究を実施中。現在550戸以上の住宅に太陽光発電装置が設置されており、世界有数のソーラータウンとなっている。

ケーススタディ4
再春館ヒルトップ薬彩工園(出力820kW)
工場の写真

熊本県・阿蘇外輪山の麓にある再春館製薬所の工場「再春館ヒルトップ薬彩工園」は、その屋根と壁面に5,628枚もの太陽光発電パネルが 設置されている。年間発電電力は約87万kWhで、工場で使用される年間電気使用量の22%に相当する。

 

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ