再生可能エネルギーを知る、学ぶ

事業者ページ ~発電ビジネスをはじめよう!~

再生可能エネルギー発電設備を設置するまでの流れ

(太陽光発電の場合)
設置の検討から電力供給まで様々な作業や手続きがあり、国からの設備認定と電力会社に対する接続契約協議を並行して進めていただく必要もあります。
以下は、個別のケースに応じて順番が前後することもありますので、あくまでモデルケースとしてご紹介します。

再生可能エネルギー発電設備を設置するまでの流れ
再生可能エネルギー発電設備を設置するまでの流れ
memo2 memo1 memo3
memo1 太陽光発電設備の設置場所を具体的に選定。土地の形状(地質、地盤等の調査含む。)、造成の必要性、周辺環境(山、木々、川の有無など)を確認。日照にあわせ、積雪や凍結、塩害等の自然条件について事前調査するとともに、農地法、森林法、景観条例等法令との関係性についても要検討。

memo2 想定する太陽光発電設備の出力を仮決定し、パネルやパワーコンディショナなどの設備を選定し、基本設計を実施。必要に応じて、地耐力測定のためのボーリング調査、太陽電池配置のための測量もこの段階で実施。詳細な現地調査を実施し、設置業者等と相談しつつ、発電設備や周辺機器等の詳細な設計を実施。あわせて、総費用を算出・確定し、資金調達活動を開始。

memo3 設置に必要な資材や機器を発注。設備工事等を実施する請負企業の選定。

(風力、水力(3万kW未満)、地熱、バイオマスの場合)
設置の検討から電力供給まで様々な作業や手続きがあり、国からの設備認定と電力会社に対する接続契約協議を並行して進めていただく必要もあります。
以下は、個別のケースに応じて順番が前後することもありますので、あくまでモデルケースとしてご紹介します。

再生可能エネルギー発電設備を設置するまでの流れ
memo1
memo1 設置に必要な資材や機器を発注。設備工事等を実施する請負企業の選定。

 

■固定価格買取制度の基本的な仕組み

固定価格制度の基本的な仕組み

 

【関連コーナー】 
  • 各種支援制度
    各種支援制度
    事業者の方への補助金、税制、融資をご案内しています。
  • 再生可能エネルギー導入事例
    再生可能エネルギー導入事例
    太陽光発電システムなど再生可能エネルギーを、導入している企業をご紹介しています。
  • パンフ・資料
    パンフ・資料
    再生可能エネルギーの固定価格買取制度ガイドブックをご案内しています。

 

  • キッズページ エネルギーを知ろう!
  • ファミリーページ エネルギーを学ぼう!
  • 事業者ページ 発電ビジネスを始めよう!
  • 再エネで地域を元気にしよう!
  • 再生可能エネルギーの特徴・事例
  • 動画でわかる!

固定価格買取制度及びグリーン投資減税に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9時から18時) 電話番号0570-057-333 PHS、IP電話からは042-524-4261 詳細はこちらへ