福島新エネ社会構想について

平成29年度予算における福島新エネ社会構想関係予算について

各事業に付された表記が示す内容は以下のとおり。

  • (エネ):エネルギー特別会計
  • (復興):復興特別会計(要求は復興庁が一括して要求。省庁名は執行省庁。)
  • (一般):一般会計

福島新エネ社会構想関係平成29年度予算額526.6億円の内数

1.福島県内で事業を実施するもの82.7億円の内数

再生可能エネルギーの導入拡大 / 82.7億円の内数
【経済産業省】
(エネ)福島県における再生可能エネルギーの導入促進のための支援事業費補助金・・・25億円
(エネ)福島沖での浮体式洋上風力発電システムの実証研究事業委託費・・・24億円
(復興)福島再生可能エネルギー研究開発拠点機能強化事業・・・10.8億円
【農林水産省】
(復興)放射性物質対処型森林・林業再生総合対策事業(うち放射性物質対処型林業再生対策)・・・22.9億円の内数
(復興)福島再生加速化交付金(うち木質バイオマス施設等緊急整備事業)

2.福島県内の事業について加点等の優遇措置を行うもの、
福島県内における事業・支援を検討するもの 443.9億円の内数

再生可能エネルギーの導入拡大 / 233.9億円の内数
【経済産業省】
(エネ)再生可能エネルギー事業の資金環境を整備するための利子補給金助成事業費補助金・・・2億円の内数
(エネ)水力発電の導入のための事業費補助金・・・21億円の内数
(エネ)地域で自立したバイオマスエネルギーの活用モデルを確立するための実証事業・・・19.7億円の内数
(エネ)ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業・・・18.5億円の内数
(エネ)微細藻類を活用したバイオ燃料生産のための実証事業費補助金・・・2.5億円の内数
【総務省】
(一般)分散型エネルギーインフラプロジェクト・・・18.7億円の内数
【文部科学省】
(一般)未来社会創造事業(ハイリスク・ハイインパクトな研究開発の推進(異次元エネルギー技術創出))・・・4億円の内数
(一般)公立学校施設整備費(太陽光発電等導入事業)
【農林水産省】
(一般)農山漁村活性化再生可能エネルギー総合推進事業(事業化サポート事業)・・・0.5億円の内数
(一般)農山漁村活性化再生可能エネルギー総合推進事業(事業化推進事業)・・・0.5億円の内数
(一般)農山漁村再生可能エネルギー地産地消型構想支援事業・・・0.5億円の内数
【環境省】
(エネ)再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業・・・80億円の内数
(エネ)地域低炭素投資促進ファンド事業・・・48億円の内数
(エネ)上下水道システムにおける省CO2化推進事業・・・13億円の内数
(エネ)木質バイオマス資源の持続的活用による再生可能エネルギー導入計画策定事業・・・5億円の内数
水素社会実現のモデル構築 / 147億円の内数
【経済産業省】
(エネ)未利用エネルギーを活用した水素サプライチェーン構築実証事業・・・47億円の内数
(エネ)燃料電池自動車の普及促進に向けた水素ステーション整備事業費補助金・・・45億円の内数
【環境省】
(エネ)再エネ等を活用した水素社会推進事業(うち地域再エネ水素ステーション導入事業及び水素社会実現に向けた産業車両における燃料電池化促進事業)・・・55億円の内数
スマートコミュニティの創出 / 63億円の内数
【経済産業省】
(エネ)地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消促進事業費補助金・・・63億円の内数
【総務省】
(一般)分散型エネルギーインフラプロジェクト(再掲)
<参考> 省庁別平成29年度予算額
  1.福島県内で事業を実施するもの 2.福島県内の事業について加点等の優遇措置を行うもの、福島県内における事業・支援を検討するもの 合計
総務省 - 18.7 18.7
文部科学省 - 4.0 4.0
農林水産省 22.9 1.5 24.4
経済産業省 59.8 218.7 278.5
環境省 - 201.0 201.0
合計 82.7 443.9 526.6

(単位:億円)/(注)赤太字は内数

「福島新エネ社会構想について」のTOPに戻る