バーチャルパワープラント(VPP)・ディマンドリスポンス(DR)とは

VPP・DRに関する用語一覧

バーチャルパワープラント(VPP:Virtual Power Plant)
分散型エネルギーリソース(DER)の保有者もしくは第三者が、分散型エネルギーリソース(DER)を 制御 (DSRからの逆潮も含む)することで発電所と同等の機能を提供すること。
ディマンドリスポンス(DR:Demand Response)
需要家側エネルギーリソース(DSR)の保有者もしくは第三者が、需要家側エネルギーリソース(DSR)を 制御することで、電力需要パターンを変化させること。
需要家側エネルギーリソース(DSR:Demand Side Resources)
需要家の受電点以下(behind the meter)に接続されているエネルギーリソース(発電設備、蓄電設備、需要設備)を総称するもの。
分散型エネルギーリソース(DER:Distributed Energy Resources)
需要家側エネルギーリソース(DSR)に加えて、系統に直接接続される発電設備、蓄電設備を総称するもの。
アグリゲーター(リソースアグリゲーター、アグリゲーションコーディネーター)
需要家側エネルギーリソースや分散型エネルギーリソースを統合制御し、VPPやDRからエネルギーサービスを提供する事業者のこと。役割によってリソースアグリゲーター、アグリゲーションコーディネーターに区分ができ、両役割を兼ねる事業者も存在する。
  • リソースアグリゲーター
    需要家とVPPサービス契約を直接締結してリソース制御を行う事業者。
  • アグリゲーションコーディネーター
    リソースアグリゲーターが制御した電力量を束ね、一般送配電事業者や小売電気事業者と直接電力取引を行う事業者。
エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス
(ERAB:Energy Resource Aggregation Businesses)
VPPやDRを用いて、一般送配電事業者・小売電気事業者・需要家・再エネ発電事業者といった取引先に対し、調整力・インバランス回避・電力料金削減・出力抑制回避等の各種サービスを提供する事業のこと。
電気料金型DR
小売電気事業者が、ピーク時に電気料金を値上げするなど多様な電気料金を設定することで、需要家にDRを促すもの。
インセンティブ型DR
事前の契約に基づき、一般送配電事業者、小売電気事業者、アグリゲーター等が指令により需要家にDRを促し、対価としてインセンティブ(報奨金)を支払うもの。
下げDR
DRのうち、需要を抑制させるもの。(特に、インセンティブ型の下げDRを「ネガワット取引」という。)
上げDR
DRのうち、需要を増加させるもの。需要創出型DRともいう。
ネガワット取引
インセンティブ型の下げDRのこと。

参考 「VPP・DR関連用語の関係図」

「バーチャルパワープラント・ディマンドリスポンス」のTOPに戻る