バーチャルパワープラント(VPP)・ディマンドリスポンス(DR)とは

取組事例の紹介

事例一覧

遊休状態にある発電機を活用したDR

概要

業種:
製造業
対象施設:
製造工場
対象設備:
発電機(遊休)
実施内容:
  • 遊休状態にある発電機を活用してDRを実施。
  • 機器管理方法やコスト効率などの観点から、需要家ごとに手動または自動を選択してDRを実施。
    • メールでの需要抑制依頼による発電機の手動制御(1時間前通知/10分前通知)
    • システム連動による発電機の自動制御(10分前通知)

遊休状態にある発電機を活用したDR事例を表現した画像。
アグリゲーター等からの需要抑制の依頼方法は、需要家ごとに手動または自動を選択する。手動の場合はメールにより、自動の場合はシステム連動により依頼される。手動(メール)による依頼の場合の需要抑制は、発電設備を直接操作する方法と電子操作盤により遠隔操作する方法がある。

図:遊休状態にある発電機を活用したDR

大きい画像で見る

効果等

  • 遊休状態にある資産(発電機)の有効活用が実現できた。
  • 遊休状態にある発電機の稼働により、これまで購入していた電力を代替できた。
  • DR実施による報酬(基本報酬(kW)および従量報酬(kWh))を得られた。
  • 当初、担当者レベルでは、需要抑制のオペレーションに不安感があったものの、回数を重ねるうちにスムーズに対応することができるようになった。

DRを取り入れたエネルギーマネジメント

概要

業種:
教育、学習支援業
対象施設:
教育施設
対象設備:
蓄熱システム、照明、冷房・空調設備、冷水製造システム
実施内容:
  • 見える化システム・中央監視システムによるエネルギー使用状況の集中監視
  • 蓄熱システムにより、空調負荷を夜間のオフピーク運用へシフト
  • 照明や空調のリアルタイム遠隔制御による需要削減
  • 冷房設備、冷水製造システムの電流制御、還気サイクルの期間設定

DRを取り入れたエネルギーマネジメント事例を表現した画像

図:DRを取り入れたエネルギーマネジメント

大きい画像で見る

効果等

  • 需要削減による省エネ効果として、2年間で約2千万kWhの消費電力量(通常消費する電力の約2ヶ月分、1万世帯の電力供給に相当)を削減することができた。
  • 施設全体のエネルギー使用状況が中央監視システムにより見える化された。
  • ピークシフトにより、より低価格となるオフピーク時間帯の電気料金の適用を受けることができただけでなく、ピークカットにより、契約電力の引き下げが可能になった。
  • DR実施による報酬(基本報酬(kW)および従量報酬(kWh))を得られた。

DRの完全自動化による省エネと省力化の両立

概要

業種:
小売販売業
対象施設:
スーパーマーケット
対象設備:
蓄電池、空調設備
実施内容:
  • 完全自動によるDRを実施(実績報告も自動実施)
  • 電力需要の少ない夜間に蓄電池を稼働し充電、電力需要の多い日中に放電することで負荷平準化(1時間前通知/10分前通知)
  • 電力需要ピーク時の空調負荷をリアルタイム制御し需要削減(1時間前通知/10分前通知)

DRの完全自動化よる省エネと省力化の両立事例を表現した画像

図:DRの完全自動化よる省エネと省力化の両立

大きい画像で見る

効果等

  • 需要削減による省エネ効果が得られた。
  • すべて自動DRで対応したため、DR導入当初懸念していた業務負荷を増加させずにDRを実施することができた。
  • DR実施による報酬(基本報酬(kW)および従量報酬(kWh))を得られた。

「バーチャルパワープラント・ディマンドリスポンス」のTOPに戻る