地熱発電について

世界の地熱発電所

NEFのパンフレットをもとに作成しております。

エルサルバドル・コスタリカ

エルサルバドル/EL SALVADOR

この国からコスタリカ、ニカラグアまで火山の列が分布しています。非産油国のエルサルバドルでは、中南米で最も早く地熱発電を行いました。海岸平地の北側にある2列の平行した山地沿いに地熱地帯が分布します。

エルサルバドル/EL SALVADOR

地域名 ユニット数 設備容量(MW)
アウアチャパン 3 95
ベルリン 4 66
7 161
アウアチャパン

アウアチャパン

ラグナベルデ火山群を熱源とする熱水卓越型の貯留層があります。中南米で最初の地熱発電所です。

出力 運転開始年
30MWx2基 1975,76
3.5MWx1基 1981
ベルリン

ベルリン

アレグリア火山の北西、ベルシンカルデラ北縁の深部に熱水卓越型の地熱貯留層があります。この付近にはマヤの史跡が残っています。

出力 運転開始年
28MWx2基 1998

コスタリカ/COSTA RICA

ミラバレス

ミラバレス火山のふもとにあり、火山を熱源とする熱水卓越型の貯留層がグアヤビカルデラまで延びています。熱水還元の緊急用に貯水池(ラグーン)を備えています。

コスタリカ/COSTA RICA

ミラバレス

出力 運転開始年
55MWx2基 1994,98
5MWx1基 1995
27.5MWx1基 2000

「地熱発電について」TOPに戻る