地熱発電について

世界の地熱発電所

NEFのパンフレットをもとに作成しております。

アメリカ/USA(ザ・ガイザース)

アメリカは世界第1位の地熱発電国です。地熱発電所のほとんどが西部カリフォルニア州ガイザース、同南部インペリアル・バレー、及びネバダ州ベーズン・アンド・レンジの各地域に分布します。

アメリカの地熱発電設備

地域名 ユニット数 設備容量(MW)
ガイザース 23 1,548
インペリアル・バレー 95 453
ベーズン・アンド・レンジ 59 456
その他 13 88
190 2,545

ザ・ガイザース

ザ・ガイザース

サンアンドレアス断層の近くにあり、面積約80平方キロメートルに及ぶ世界最大の蒸気卓越型の地熱地域です。地熱はクリアレイク火山岩類の活動に関連した深成岩からもたらされています。この地域では多くの発電事業者と蒸気供給事業者の間で、23基の発電所が運営されています。

カルパイン・ユニット1-20

カルパイン・ユニット1-20
ユニット5,6(53MWx2基)

最大22基あったユニットのうち1992年までに5基が閉鎖されました。1980年に運転開始した13号以降のユニットには硫化水素除去装置が設置されています。

出力 運転開始年
11MWx1基 1960
13MWx1基 1963
27MWx2基 1967,68
53MWx6基 1971,73
59MWx1基 1979
106MWx2基 1975,79
109MWx1基 1980
113MWx4基 1982,85
133MWx1基 1980
59MWx1基 1979
NCPA No.1

NCPA No.1
55MWx2基

アメリカで初めて自治体が建設・運営を行った地熱発電所です。

出力 運転開始年
55MWx4基 1982-86
スマッド・ジオ

スマッド・ジオ

地熱タービンで初めて25インチの長翼を使った熱効率の良い発電所です。

出力 運転開始年
72MWx1基 1983
ウェスト・フォード・フラット

ウェスト・フォード・フラット

発電事故の際に蒸気が大気に放出されるのを避けるため、タービンをバイパスして復水器につなぐ蒸気配管を設置しています。

出力 運転開始年
14.4MWx2基 1989
ベア・キャニオン

ベア・キャニオン

1本の蒸気井の底部から2,3本の枝坑をフォーク状に掘削するマルチレグ掘削法を採用しています。

出力 運転開始年
11MWx2基 1988,89
エイドリン

エイドリン

事業を拡大するCalpine社がガイザースで初めて投資したプロジェクトです。

出力 運転開始年
12.5MWx2基 1989
サンタ・フェ

サンタ・フェ

蒸気と発電を一貫して開発するプロジェクトによって建設されたザ・ガイザース地域で最初の発電所です。

出力 運転開始年
48.5MWx2基 1984

「地熱発電について」TOPに戻る