エネルギー技術について

Cool Earth -エネルギー革新技術計画について

経済産業省では、平成20年3月5日、「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」をとりまとめました。

検討の背景

2007年5月、総理が「美しい星50(クールアース50)」を発表しました。世界全体の温室効果ガス排出量を現状に比べて2050年までに半減するという長期目標を提案しました。 この目標の実現には、革新的技術の開発が不可欠です。 このため、経済産業大臣の下に有識者会議を設置し、「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の策定を進めてきました。

検討の経緯

  • 第1回 有識者会議:平成19年8月31日
  • 第2回 有識者会議:平成19年11月27日
  • 第3回 有識者会議:平成20年3月5日

「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の概要

エネルギー分野において、世界トップ水準の技術を有する我が国は、世界をリードできる技術分野に研究開発資源を重点化し、技術開発を加速・推進することにより競争力を強化・維持しつつ、技術は我が国の貴重な資源であるとの認識に立って、国際的な連携を協力に推進し、世界全体で2050年までの温室効果ガス排出量大幅削減に積極的に貢献していくことが必要です。このため、以下の検討を行いました。

  • 2050年の大幅削減に向けて、我が国が重点的に取り組むべき革新技術として「21」技術を選定
  • 長期にわたる技術開発のマイルストーンとして、各技術のロードマップの作成
  • 長期的視点から技術開発を着実に進めるためのロードマップを軸とした国際連携のあり方

本報告書は、こうした検討内容を、「Cool Earth -エネルギー革新技術計画」有識者会議報告としてとりまとめたものです。