Enevolution -Responsible partner for you-

Enevolution

我が国が有する豊富なエネルギー政策立案の経験や全分野での優れた技術を総動員し、アジアなど新興国のニーズに応じて、エネルギー問題の包括的な解決策をワンストップで提供する「Enevolution」イニシアティブを立ち上げました。

東南アジア等新興国では今後20年でエネルギー需要が8割増加し、エネルギー輸入依存度が高まる中、エネルギー安定供給の確保に必要なインフラ需要は1兆ドルと見込まれます。これらの国々ではエネルギー戦略や国家規模のエネルギーインフラ計画が策定されつつあり、これに対応したインフラ整備支援が期待されています。

「Enevolution」イニシアティブによって、「質の高いインフラパートナーシップ」での支援策を活用しつつ、高効率で信頼性の高いエネルギーインフラの整備を進め、アジアの人々の「生活の質」の改善を目指します。

新興国を取り巻く変化

① エネルギー輸入依存度の変化

エネルギー輸入依存度の変化のグラフ

② 高いインフラ整備ニーズ

投資環境上の問題と指摘した日本企業の割合
(出典)JETRO

③ 国家規模のエネルギーインフラ計画

【インドネシア】3500万kwの新規電源開発計画、【インド】100のスマートシティ計画、【ミャンマー】3つの国家計画の検討(エネルギーマスタープラン、国家電化計画、電力マスタープラン)、【タイ】国内ガスのピークアウトによるLNG導入・石炭火力新設計画

参考リンク

お問合せ先

資源エネルギー庁
エネルギー産業国際展開推進室
電話:03-3501-1511(内線 4491~4)、03-3501-0598(直通)