TRU廃棄物

処分方法・地層処分

放射能レベルに応じたTRU廃棄物の処分方法

幅広い性質や状態をもつTRU廃棄物のうち、放射能レベルが比較的低い廃棄物については、数m程度の浅い地中にコンクリートピットを作って埋設する方法(浅地中ピット処分)、あるいは50~100m程度の深さで、一般的な地下利用に対して十分余裕をもった深度に埋設する方法(余裕深度処分)がとられます。
放射能レベルが高いTRU廃棄物については、高レベル放射性廃棄物と同様に地層処分が必要となるものがあります。なお、放射能がほとんど含まれていないものは再利用するか、産業廃棄物として扱います。

TRU廃棄物の地層処分におけるバリアのしくみ(ハル・エンドピースの場合)

TRU廃棄物の地層処分におけるバリアのしくみ(ハル・エンドピースの場合)

「放射性廃棄物について」TOPに戻る