審議会情報

地層処分基盤研究開発調整会議

 資源エネルギー庁は、日本原子力研究開発機構の研究開発と資源エネルギー庁が進める調査等事業とあわせて国の基盤研究開発と位置付け、平成17年7月に「地層処分基盤研究開発調整会議」という新しい枠組みを作って、日本原子力研究開発機構をはじめとする地層処分に関連する研究開発機関がより有機的に連携し、国の基盤研究開発をより効果的に進める体制を整えました。
 
 資源エネルギー庁調査等事業では、工学的視点に重点をおいた周辺基盤技術を開発しているのに対して、日本原子力研究開発機構では、主に科学的な視点や体系的な視点に重点をおいた研究開発を進めています。いずれも、得られた研究成果は処分事業および安全規制の双方に反映されるものです。
 
 地層処分基盤研究会開発調整会議で作成された地層処分基盤研究開発に関する全体計画を放射性廃棄物図書館の関連報告書のホームページで公開しています

 

 

 

 

ページの上に戻る

PDFファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
下のバナーをクリックしてダウンロードしてください。

アクロバットリーダーのダウンロード