放射性廃棄物について

対話活動 -その他

今後の予定

学生企画! 学生×経済産業省 高レベル放射性廃棄物学生フォーラムを開催します!

いま一緒に考えよう、「高レベル放射性廃棄物」

「高レベル放射性廃棄物」を知っていますか?

原子力発電に伴い発生する「高レベル放射性廃棄物」は、300メートルより深い地層に処分する必要があり、処分場の建設から廃棄物を処分し終えるまでに約100年かかると言われています。しかしながら、現在の日本は処分場を建設する場所の見通しが立っていないのが現状です。

重要な課題であるにも関わらず、「原発関連か」と言ってなんとなく議論を避けている、「自分とは関係無い」と言ってしらんぷり。そんな暗黙の了解や時代の流れをわたしたち若い世代が切り開いていきませんか?そして、この冬、共にこの問題を知り、真剣に考え、世の中に発信していきませんか?

(学生運営事務局からのメッセージ)

(※当イベントは、資源エネルギー庁放射性廃棄物対策課平成30年度放射性廃棄物広聴・広報等事業の一環で実施しており、企画・運営は学生が行っています。)

【開催概要】
日時:
平成31年2月14日(木)12:00~17:40
場所:
津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス(東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目18-24)
主催:
経済産業省 ※学生運営事務局が企画、運営は経済産業省 資源エネルギー庁
対象:
全国の学生(定員50名)
参加費:
無料
【スケジュール(※変更の可能性あり)】
12:00~
開会
12:10~
グループワーク
15:20~
成果発表・質疑応答
16:20~
有識者による講評
17:00~
提案内容の具体性等の観点から、有識者により選ばれた複数のチームによる政策・事業担当者(経済産業省・NUMO(原子力発電環境整備機構))への発表(任意参加)
17:40~
閉会
※終了後に任意参加による懇親会を予定しています(懇親会参加費別途徴収。19時終了予定。)
参加申し込み方法(申し込み締切:平成31年2月12日(火))
以下の必要事項を下記メールアドレスまでご連絡ください。またご不明点があれば下記のお問合せ先にご連絡ください。
  • 件名:【学生イベント参加申し込み】
  • 学校名、学年、学部(専攻)、氏名、連絡先(携帯電話)、メールアドレス、懇親会の参加有無
参加条件
以下の必要事項を下記メールアドレスまでご連絡ください。またご不明点があれば下記のお問合せ先にご連絡ください。
参加にあたっては、事前にYoutubeにて「Channel NUMO-原子力発電環境整備機構」(「地層処分」とは・・?エネルギーの過去、現在、未来を見つめて、等他)を視聴するようお願いします。(15分程度の動画です。)
外部サイトを別ウィンドウで開くhttps://www.youtube.com/watch?v=B20w1AgOpg8
備考
  • フォーラム当日は報道機関が入る可能性がありますので予めご了承ください。
  • 説明会への参加に際して謝金や交通費等の支給はありません。
  • 本イベントは、高レベル放射性廃棄物に関心を持っていただける学生の方向けのイベントであり、経済産業省の採用活動とは一切関係ありません。
報道関係者の方へ
当日の取材等お申込みの方は下記メールアドレスまで、会社名・ご所属/お名前/ご連絡先をお送りください。

これまでの活動実績

資源エネルギー庁では、高レベル放射性廃棄物の最終処分について理解を深めて頂くため、さまざまな対話活動を行っています。

シンポジウム・説明会など 実施時期
高レベル放射性廃棄物学生フォーラム 平成30年3月
外部サイトを別ウィンドウで開く国際シンポジウム「いま改めて考えよう地層処分~世界の取り組みから学ぶ~」 平成28年3月
地層処分フォーラム~対話活動のこれからを考える~ 平成28年3月
少人数意見交換会(ワークショップ) 平成26年度~
経済産業省のページを別ウィンドウで開く経済産業省子どもデー「すすめ、地底探検隊!」 平成26年度~
双方向シンポジウム 平成21、22年度
平成24~26年度
放射性廃棄物ワークショップ「共に語ろう 高レベル放射性廃棄物 ~もう、無関心ではいられない~」 平成25年度
シンポジウム「どうする高レベル放射性廃棄物」 平成22年度

お問合せ先

資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 放射性廃棄物対策課

「放射性廃棄物について」TOPに戻る