高レベル放射性廃棄物

研究開発

わが国では、昭和51年の原子力委員会決定を受けて、地層処分に関する研究開発を進めています。

高レベル放射性廃棄物処分に関する研究開発

高レベル放射性廃棄物処分に関する研究開発は、これまで核燃料サイクル開発機構(現日本原子力研究開発機構)を中心に、国内専門家・研究機関の総力を挙げ、地層処分の技術的信頼性について研究を進めてきました。

同機構は、平成11年10月、研究成果として「わが国における高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性-地層処分研究開発第2次取りまとめ-」を取りまとめ、日本において地層処分は技術的に実現可能であるとしました。 この研究成果に対し、2000年、原子力委員会(原子力バックエンド対策専門部会)が「我が国における高レベル放射性廃棄物地層処分研究開発の技術的信頼性の評価」において、『我が国における地層処分の技術的信頼性が示されているとともに、処分予定地の選定と安全基準の策定に資する技術的拠り所となることが示されていると評価する。このことから、第2次取りまとめは地層処分の事業化に向けての技術的拠り所となると判断する』と評価しました。

本取りまとめ以降、深地層の研究施設が整備され、現在、高レベル放射性廃棄物処分について更なる研究開発が進められています。

深地層の研究施設

地層処分の信頼性を高めるためには、わが国の深地層に関するデータや知見を得ることが重要です。そのため、深地層の研究施設を実際に国内に設けて、その研究成果をNUMOが行う処分事業や国が行う安全規制に反映していくこととしています。

当該研究施設を利用した研究開発は、処分事業とは明確に区別して進められ、NUMOとは別の機関である日本原子力研究開発機構(JAEA)により、岐阜県瑞浪市(花崗岩)及び北海道幌延町(堆積岩)の2ヵ所で行われています。

なお、深地層の研究施設は、広く内外の研究者に開放し、学術的な研究の場としても利用していくとともに、地下深くの環境がどのようなものなのか国民各層に実際に体験していただく場にも活用していきます。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

この写真は、地層処分放射化学研究施設<QUALITY>での研究の様子を示しています。地下深くの環境を模擬した条件下で、放射線物質を用いて様々な研究を行っています。また、地質環境の長期安定性に関する研究の様子の写真も示しています。火山活動が地質環境へ与える影響に関する科学的な知見の整備を進めており、隆起・侵食などの自然現象によって地質環境がどのように変化するのかを評価するための調査研究を進めています。
写真はJAEAより提供

この図では、深地層の研究施設のイメージを示しています。地層深くまで数本の立坑が延びており、それと垂直に、2本の試験坑道が設けられています。また、地下の様子をヘリコプターや地上に設置したレーダーによって観測する技術を紹介しています。地上からの調査ではボーリング調査や反射法弾性波探査による物理探査が行われます。更に地層処分における人工バリアの搬送・定置の様子及び緩衝材ブロックの搬送・定置工学試験の様子を示す図を表示しています。岩盤中の物質の移動・熱の伝わりを調べる試験のイメージ及びスイスグリムゼル原位置試験場における物質移動試験の様子を示す写真も掲載しています。
写真・図はJAEAより提供(一部除く)

「放射性廃棄物について」TOPに戻る