電力システム改革について

地方公共団体が行う売電契約について

地方公共団体が行う売電契約については、地方自治法(昭和22年法律第67号)第234条第1項及び第2項の規定により、一般競争入札により締結することが原則とされており、総務省からはその旨の通知が出されています。

経済産業省では、各地方公共団体の売電契約の実態調査を行い、その結果を平成25年6月に公表しております。この調査で一般競争入札を実施しない理由の一つとして示されている「卸供給に関する規制を撤廃する(発電の全面自由化)」等の改革を進めてまいります。

本件に関するお問合せ先

資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 政策課 電力市場整備室
電話:03-3501-1748(直通)

「電力システム改革について」のTOPに戻る