非化石エネルギー

非化石価値取引市場の創設について

平成30年4月27日

平成30年4月26日に開催された経済産業省のページを別ウィンドウで開く制度検討作業部会(第22回)にて報告のとおり、非化石価値取引市場の初回オークションを日本卸電力取引所(JEPX)にて以下の日程で開催致します。

初回オークションで取引される非化石証書は、平成29年4月から同年12月の間に固定価格買取(FIT)制度によって発電された電気に相当する非化石証書です。

非化石価値取引市場を通じて非化石証書を購入した小売電気事業者は、販売する電気に非化石証書を活用することで、実質再エネ・CO2フリー電気の販売を行うことが可能となります。

非化石証書の取引によって、実質再エネ・CO2フリー電気がより身近になることで、実質再エネ・CO2フリー電気に対する需要の拡大が期待されます。注)

また、非化石価値取引市場にて取引された非化石証書の売却収入は、FIT賦課金の原資に充てられることから、FIT制度による国民負担の軽減に資することが期待されます。

注)
小売電気事業者は、メニュー別排出係数の算定に非化石証書を用いて実質再エネ・CO2フリー電気の販売を行うか、小売事業全体で実質再エネ・CO2フリーを実現し、実質再エネ・CO2フリーの電気の供給を望む重要家に電気を販売することが期待されます。
平成30年5月の初回オークションにて購入される非化石証書は平成29年度のメニュー別排出係数の算定に活用されますが、平成29年度に実質再エネ・CO2フリーの電気を販売していた小売事業者は限定的であり、非化石証書の購入量も限定的になる可能性があります。
売れ残った非化石証書の環境価値(ゼロエミ価値、非化石価値)は、従来のFIT電気の環境価値と同様に、販売電力量に応じて、賦課金を負担している全需要家に配分されることになります。

1.初回オークションについて

入札受付期間:
平成30年5月14日~平成30年5月18日午後2時
取引実施日:
平成30年5月18日午後2時以降

2.参考資料

3.担当者

電力・ガス事業部 電力基盤整備課 電力供給室
担当者:和田、柿原
電話:03-3501-2503(直通)

関連リンク
【Special contents】2018年5月から始まる「非化石証書」で、CO2フリーの電気の購入も可能に?

「電気事業制度について」のTOPに戻る