水力発電について

水力発電促進への取り組み

RPS法の概要

RPS法の新エネルギー等として中小水力発電が認定されています

RPS法とは?

主要なエネルギー源を石油・石炭等の海外輸入に頼っている我が国にとって、純国産の自然エネルギーを積極的に導入することは、化石燃料の代替や二酸化炭素の排出量が少ないといった観点から緊急の課題となっています。
RPS(Renewable Portfolio Standard)法とは、2003年4月に施行された「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法」のことをいいます。このRPS法は、電気事業者に新エネルギー等から発電される電気を一定割合以上利用することを義務づけ、新エネルギー等の一層の普及を図るものです。

対象となる新エネルギー等とは?

  • 太陽光発電
  • 風力発電
  • バイオマス(動植物に由来する有機物)発電
  • 中小水力発電(ただし、ダム式、水路式、ダム水路式で出力1,000kW以下)
  • 地熱発電

が対象エネルギーとなっており、このRPS制度により全国に残る中小水力発電について開発の可能性が広がっています。

「水力発電について」TOPに戻る