水力発電について

水力発電の形式

水車の形式

水力発電に用いる水車には、水量や落差の違いによって様々な形式があります。

水車の形式一覧の解説図

また、最近は小水力発電(出力100kW未満)用として、水中発電機一体型水車や横軸プロペラ水車(固定羽根)なども実用化されています。

ペルトン水車

水をノズルから噴出させ、その勢いでバケットを回転させる水車です。ノズルから噴出する水の量を調節することにより、出力を簡単に調整できます。200m以上の高落差に適しています。

ペルトン水車の解説図

フランシス水車

水を取り込むケーシングの中に羽根車(ランナー)を設置し、そこを流れる水の圧力により回転させる水車です。最も一般的な水車で、数10m~数100mの落差に広く使われています。

フランシス水車の解説図

カプラン水車

フランシス水車と同じタイプですが、水の圧力変化に合わせて羽根を動かすことが可能で、効率的な発電が出来ます。5m~80m程度の落差に適しています。

カプラン水車の解説図

水中発電機一体型水車

水車と発電機が一体となっている水中ポンプで水を逆に流し、逆回転させることで発電するものです。

水中発電機一体型水車の解説図

横軸プロペラ水車(固定羽根)

上水道等を利用して発電する際に、既設配管の直線部等に直接配置することができる水車です

横軸プロペラ水車(固定羽根)の解説図

「水力発電について」TOPに戻る