水力発電について

水力発電の形式

構造面での分類

ダム式

ダムにより河川をせき止めて池を造り、ダム直下の発電所との落差を利用して発電する方式です。この方式は、貯水池式および調整池式と組み合わされることが一般的です。

ダム式の構造図

水路式

川の上流に低い堰を造って水を取り入れ、長い水路により落差が得られるところまで水を導き発電する方式です。この方式は、流れ込み式と組み合わされることが一般的です。

水路式の構造図

ダム水路式

ダム式と水路式を組み合わせた発電方式で、両者の特性を兼ね備えた地点に適しており、各々単独の方式とした場合に比べて、より大きな落差を得ることが可能となります。
この方式は、貯水池式、調整池式および揚水式と組み合わされることが一般的です。

ダム水路式の構造図

「水力発電について」TOPに戻る