水力発電について

水力発電の形式

ダムの形式

重力ダム

重力ダムは、水圧をダム(コンクリート)の重さで支えるもので、我が国では最も多く用いられています。 形が簡単で様々な地形に合わせて造ることが出来ます。

重力ダムの断面図

重力ダムの利用例

中空重力ダム

中空重力ダムは、重力ダムの内部を空洞としたもので、重力ダムに比べてコンクリート量は少なくすみますが、複雑な形のため、施工が難しくなります。

中空重力ダムの断面図

中空重力ダムの利用例

アーチダム

アーチダムは、水圧を両岸の岩盤で支えるようにアーチ型に築いたもので、谷幅の狭いV字形の地形に適しています。 重力ダムに比べ、丈夫な岩盤が必要となりますが、ダムの厚さが薄くすみ、材料を少なく出来ます。

アーチダムの断面図

アーチダムの利用例

バットレスダム

バットレスダムは、水をせき止める鉄筋コンクリート製の遮水版と、その水圧を支える鉄筋コンクリート製のバットレスと呼ばれる壁から構成されます。
重力ダムと比べてコンクリート量が少なく出来ますが、複雑な構造となります。

バットレスダムの断面図

バットレスダムの利用例

ロックフィルダム(中央遮水壁型)

ロックフィルダムは、土や岩石を材料として盛り立てて造られるダムで、中央遮水壁型は、水漏れを防ぐためにダム中央部にコアと呼ばれる水を通さない粘土質の材料を盛り立てます。
ロックフィルダムの底面積は広く重さが分散されて地盤に伝わるため、底面積の狭いコンクリートダムよりも地盤が悪い所でも造ることが出来ます。

ロックフィルダム(中央遮水壁型)の断面図

ロックフィルダム(中央遮水壁型)の利用例

ロックフィルダム(表面遮水壁型)

表面遮水壁型のロックフィルダムは、土や岩石を材料として盛り立てて造られるダムに、水漏れを防ぐため、ダム上流側表面にアスファルトやコンクリート等の舗装が施されます。

ロックフィルダム(表面遮水壁型)の断面図

ロックフィルダム(表面遮水壁型)の利用例

アースダム

アースダムは、最も古くからある形式で粘土や土を材料として盛り立てて造られるダムです。
あまり高いダムには向きませんが軟弱な地盤にも造ることが出来ます。

アースダムの断面図

アースダムの利用例

「水力発電について」TOPに戻る