水力発電について

人と環境に優しい水力

水力による国際貢献

日本国内のみならず国外における水力開発の促進にも力を入れています。

どうして?

海外に目を向けると、発展途上国では電化されていない集落に数多くの人々が生活している現状にあります。これらの人々は生活環境の改善のために集落の電化を望んでいますが、地球環境を悪化させずにこれらの生活環境を改善するためには、クリーンエネルギーを利用することが重要です。
我が国では海外においても二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーである水力発電が普及されるように積極的に取り組んでいます。

具体的な活動内容は?

国際エネルギー機関(IEA)における「水力技術と計画に係る実施協定」に参画し、国際的な観点からの情報交換を行うと共に東南アジア諸国において包蔵水力調査や分散型小水力の実証試験調査などを実施しています。
また、地球温暖化防止の観点から、水力発電によるクリーン開発メカニズム(CDM)を推進していくために、CDM事業の発掘を行うフィジビリティースタディーを実施しています。

フィリピンのハマグナオ発電所の写真1

フィリピンのハマグナオ発電所の写真2

「水力発電について」TOPに戻る