水力発電について

水力発電所の一般開放事例

藻岩発電所

【藻岩発電所 -地元に愛される発電所を目指して-】

水力発電所は人が住んでいない山中にあるといったイメージがありますが、藻岩発電所は札幌市中心部から車で20分程度の住宅地の中にある極めて珍しい都市型環境の中にある水力発電所です。
藻岩発電所の周辺では、都市化された住宅地環境を改善すべく「緑と調和した潤いのある水辺空間を創り出す」ことをコンセプトとした河川改修が行われました。これに併せて藻岩発電所においても発電所周辺を公園化するなど周辺環境との整合を意識した整備に乗り出し、市民の皆さんに一般開放しています。

藻岩発電所

山鼻川 ふれあい橋 藻岩発電所 水圧鉄管 水天宮 あずまや

その結果、地域住民の散策路や子供達の遊び場として数多くの方々に活用されており、地域住民にとってなくてはならない場所として愛される水力発電所になっています。

「水力発電について」TOPに戻る