水力発電について

地域との調和

北海道沙流郡日高町

日高国際スキー場の白銀まつり

日高国際スキー場の白銀まつり

川遊びで賑わう沙流川

川遊びで賑わう沙流川

国内屈指のツーデイズエンデューロ大会

国内屈指のツーデイズエンデューロ大会

力と力がぶつかりあう樹魂合戦

力と力がぶつかりあう樹魂合戦

雄大な自然を舞台にしたまちづくり

日本最大の日高山脈襟裳国定公園を有する日高町は、沙流川の豊かな水源と原生林に囲まれた自然の宝庫。紅葉の季節には10kmに渡る「沙流川渓谷」が四季折々の鮮やかな景観をつくってドライバーの目を楽しませています。冬は幻想的な雪の世界。日高町屈指の日高国際スキー場では、冬の祭典「白銀まつり」が開かれ、自作ソリ大会や雪像コンクール、タイマツパレードが催されます。
雪解け水が沙流川を満たす季節、日高町は渓流釣りとアウトドアのメッカへと姿を変え、流域ではキャンプをはじめフィッシング、カヌー下り、川遊びなどを楽しむ家族連れで賑わいます。また、樹への感謝の気持ちを込めて催される「樹魂合戦」や、国内屈指のオフロードオートバイ耐久レース「ヒダカ・ツーデイズ・エンデューロ大会」が開かれるなど、雄大な自然を舞台にしたイベントが目白押し。このほか、自然の恩恵に触れながら“自然に敬せんの念を培う”などを目的に設置された「国立日高少年自然の家」では、子どもたちを中心に各事業や行事が活発に行われています。

ふるさとの川探訪・・・・・沙流川

日高発電所
日高発電所

太古の原生林などの大自然に恵まれた日高町では、昭和30年代から豊富な水源を活かした水力開発が進められてきました。
平成10年4月に運開した日高発電所は、沙流川に生息する動植物・水生生物の保護や自然環境との調和をはかるため、主要な構造物は地下に設け、土捨場や工事用地は必要最小限にして行われました。

日高町概要
人口:約2,100人
所在発電所:日高(10,000kW)、岩知志(13,500kW)、右左府(25,000kW)、奥沙流(15,000kW)/出力合計63,500kW

「水力発電について」TOPに戻る