電力・ガス基本政策小委員会において検討する電気料金の経過措置に関する検討課題に係る意見募集のご案内について

【 終了しました 】
ご意見ありがとうございました

2018年11月
資源エネルギー庁

2016年4月の小売全面自由化に際しては、「規制なき独占」に陥ることを防ぐため、低圧需要家向けの小売規制料金について経過措置を講じ、2020年3月末までは、全国すべての地域において、従来と同様の規制料金(経過措置料金)が存続することとなっています。

昨年10月以降、電力・ガス基本政策小委員会において、電気料金の経過措置に関する課題として、経過措置料金に組み込まれた三段階料金や、燃料費調整等の制度の他、個別の経過措置料金メニューの在り方等について、検討を行ってまいりました。

経過措置料金に関連する課題については、多様な事業者の事業運営に影響を与えるものであり、その検討に当たっては、事業者の実態やニーズを丁寧に把握していく必要があると考えております。このため、実務的な観点を踏まえながら、更に検討を進めていくため、新電力の皆様をはじめとする関係者から広く意見を募集することといたします。

1.意見募集対象

  • ①  個別の経過措置料金メニューについて(※)
    (定額電灯、従量電灯、臨時電灯、農事用電灯、公衆街路灯、低圧電力、臨時電力、農事用電力)

    ※エリアにより経過措置料金メニューは異なります。

  • ②  燃料費調整制度について

2.意見募集期間(意見募集開始日及び終了日)

2018年11月19日(月)~2018年11月30日(金)

3.意見提出先・提出方法

意見提出様式(別紙1又は別紙2)に、御意見及びその理由を記載し、氏名、住所(法人又は団体の場合は、名称、担当者の氏名及び主たる事業所の所在地)及び連絡先を明記の上、意見募集期間内に下記のメールアドレス宛てにお送りください。

電子メールアドレス:終了しました

※電子メールの件名に必ず「電気料金の経過措置に関する意見」と御記入願います。

意見提出様式

4.その他

皆様から頂いた御意見につきましては、今後の議論の参考とさせていただきます。 なお、いただいた御意見についての個別の回答はいたしかねますので、あらかじめ、その旨を御了承ください。

  • 頂いた御意見は、氏名、住所、電話番号、FAX番号及びメールアドレスを除き、すべて公開される可能性があることを予め御承知おきください。ただし、御意見中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別しうる記述がある場合及び個人・法人等の財産権等を害するおそれがあると判断される場合には、公表の際に当該箇所を伏せさせていただきます。
  • 御意見に付記された氏名、連絡先等の個人情報につきましては、適正に管理し、御意見の内容に不明な点があった場合や、今後個別にヒアリングを実施する場合等の連絡・確認といった、意見募集及びヒアリングに関する業務にのみ利用させていただきます。

これまでの審議会における議論については、以下の資料を御参照ください。

経済産業省のページを別ウィンドウで開く総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会 電力・ガス基本政策小委員会

「電気料金の経過措置に関する検討課題について」

電気の経過措置料金に関する専門会合(電力・ガス取引監視等委員会主催)

※本意見募集は、電力・ガス基本政策小委員会の議論を行う過程で行うものであるため、行政手続法に基づくパブリックコメントとは異なるものです。

お問合せ先

電力・ガス事業部 政策課 電力産業・市場室
担当者:今泉、舩倉
電話:03-3501-1511(内線:4741)、03-3501-1748(直通)
FAX:03-3580-8485

「電気料金について」のTOPに戻る