公募

平成30年度「分解軽油の利用による自動車等への影響分析・評価事業費補助金」に係る補助事業者の公募について

平成30年3月2日
経済産業省 資源エネルギー庁
資源・燃料部 石油精製備蓄課

平成30年度「分解軽油の利用による自動車等への影響分析・評価事業費補助金」に係る補助事業者を公募します。(応募方法等の詳細は、配付資料中の公募要領等を参照。)

なお、この公募は、平成30年度予算の成立等を前提に募集の手続を行うものです。予算の成立以前においては、採択予定者の決定となり、予算の成立等をもって採択者とすることといたします。

1.事業内容

原油の重質化に伴う残さ油の増加、環境規制等による残さ油需要の減少等、今後の石油製品を巡る厳しい環境の中で、我が国が持続的に原油処理に伴う二酸化炭素排出量を削減しつつ、国内石油製品需要を満たすことができるよう、民間団体等が行う次に掲げる事業に要する経費を補助することにより、石油の有効利用を最大限進めることを目的とする。

  • (1) 残さ油から再生した石油製品を、従来以上にガソリン・軽油等に混合して使用するための自動車による影響検討試験(環境試験、燃費試験、安定性試験等)。
  • (2) 2020年に導入される、舶用燃料に対する世界的な硫黄分規制(IMO規制)に対応し、今後も低廉な価格で舶用燃料を安定的に供給するための、船舶用内燃機関による規制適合燃料の利用試験等。

2.公募期間

平成30年3月2日(金)~平成30年3月22日(木)17:00必着

3.提出書類の送付先及びお問合せ先

〒100-8931 東京都千代田区霞が関1-3-1
経済産業省 資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油精製備蓄課
担当:宮本、丸山
電話:03-3501-1993、FAX:03-3580-8467

4.公募説明会

開催日時:
平成30年3月6日(火)13:30~14:00
開催場所:
経済産業省 別館地下1階 B09(多目的室B)
東京都千代田区霞が関1-3-1