第2節 双方向的なコミュニケーションの充実

国民各層がエネルギーを巡る状況の全体像について理解を深めてもらうための最大限の努力を行う一方で、エネルギー政策の立案プロセスの透明性を高め、政策に対する信頼を得ていくために、国民各層との対話を進めていくためのコミュニケーションを強化する方針の下、以下の取組を行いました。

<具体的な主要施策>

1.省エネルギーに関する取組

○エコドライブの普及・推進
(再掲 第2章第1節 参照)

2.再生可能エネルギーに関する取組

○新エネルギー等設備導入促進事業
(再掲 第3章冒頭 参照)

3.原子力に関する取組

①原子力総合コミュニケーション事業
(再掲 第4章第5節 参照)
②地域担当官事務所等による広聴・広報
(再掲 第4章第5節 参照)

4.化石燃料に関する取組

○石油ガス供給事業安全管理技術開発等委託費
(再掲 第7章第2節 参照)